CURAstyleは8/1から休業させていただいております。再開の際はブログ、メルマガでお知らせさせていただきます。http://hietoristyle.blog.fc2.com/
キルトスカートのご注文は、info@curasilk.jp で承っております。

 

断薬日記201104

 

イメージは、ニキビ

 
2011年04月06日 | 向精神薬の離脱症状
 
 
こんばんは!

一昨日より昨日、昨日より今日と、どんどん暖かくなってます。
桜もどんどん咲いてきて、春〜って感じですね。
私は相変わらずで、昨日も鍼の先生に
顔が痛いくらい動いて、皮膚を突き破りそう、この先どうなるんだろう
と、泣きを入れたら先生は
失礼な例えかもしれないけど、ニキビをイメージしてみてください
最初プツっと小さくて、だんだん痛くなるけど、ちゃんと大きくならないと芯が出てこないから、芯が出てきてからつぶして取るか、ほっといたらポコッと突然取れますよね?
あの小さいニキビが、あなたの症状全般だと思ってください。
痛いくらいひどくて、暴れるだけ暴れたら、からだは気が済んで、終息に向かうと思います。

この先生、冷えとりのことを深く知りません。靴下だって一枚しか履いてないけど、進藤先生の本に書いてあることと同じこと言ってるよ…。

先生に、
そうかな…ただ私、漢方飲んじゃってるから、からだの都合の邪魔してるような気もする
と言ったら
薬という名は同じだけど、漢方は局所的な見方をしないから、心配しないで大丈夫
と言われ

鈴木さんにも同じことを言って
乗り切る工夫は大事なんですよ
と励ましていただき

そうだよだって、いきなりこんなにオナラやゲップやら、湿疹やらアザやら、汗や鳥肌、いっぺんに全部出まくってるのは常識で考えたら異常だけど、たぶんいいのだこういうことだ
と、自分に言い聞かせております。

一例しか挙げてませんが、出る と名のつくもの全て、出ております。
アクビは10分感覚で、オナラはもって30分、頻尿も三回のお通じも相変わらず。
花粉症じゃないのに、くしゃみを連発、今日は食後にせきが止まらなくなり

まっすぐ歩けず左に左に何度も転びそうになり
顔がぐちゃぐちゃ、上半身が前後にゆっくり動いたり回ったり。

しかしこれまた相変わらず、やろうと思っていることは頑張ればできてしまう。
今日は、頼んでおいた生地が届いたので、はかって裁断して、手縫いとアイロンまでできた。


今日の横浜の最高気温は20度くらいで、ホントに暖かかったはずなのに、足湯をすればするほど寒くなり、特に手が壊死しそうなくらい冷たくて
しょっちゅうお湯に手をつけないと動かない始末。

全身が凍えそうに冷たいのに、かがむ姿勢をとると(からだの意志に反すると)、ぐおーっとのぼせて息切れする。


こんなおかしな現象は、やっぱり冷えとりしているからなのだろうなあ…

同じくらいのひどさや痛みなのに、あまり気にならないときと、発狂しそうに苦しい気持ちになるときが日替わりで
これが、精神をいじる薬のいちばんやっかいなところだろうなあとしみじみ思い
いやな気持ちに侵されきってしまう前に、
いまおかしいぞ?と、マトモな自分に意識を仕向ける作業。

うおー、めんど!


明日は期待の漢方外来です。
初めての先生、相性いいとうれしいなあ。


写真は、地震のあとミレーの出荷が止まってしまったほうれん草を自分で作ろうと種まきしたら、芽が出てきたよの図です。

悔いのないように生きる


2011年04月22日 | 向精神薬の離脱症状
 
こんばんは!
最近私は、北野たけしがバイク事故したときに病床で書いた手記を読みました。

死ぬための生き方
という本です。

死ぬかと思う体験をして、復活したわかりやすい例は?と、ふと思いついて入手しました。

後半は、事故する前に書きためたものだったのであまりピンときませんでしたが
前半部分は、同感する部分がありすぎて
ああ、死にそうな思いするとみんな同じこと考えるんだな
と思いました。

特にたけしは、事故で顔がぐちゃぐちゃになってしまったので
顔をやられているいまの私と、悩むところがかなりかぶってました。

神経をなんとかするためにベッド周りを歩き続けたとか
私も神経やられていてなんとかしようと、毎日歩く練習してたりするので、どん詰まったら同じように考えて行動するもんだなと。


昨日、漢方外来のあとでアウトレットに行きスニーカー買って
そのあと鍼という私にしては忙しいスケジュールで
生理だし、低気圧だしでか、今日はなんにもやる気がせず、やろうと思っていたことが何もできず
こういう日はいやな思いが頭ぐるぐるしてしまいがちで

もっとひどくなって死ぬんじゃないか
死ななくてもずっとこれ治らないんじゃないか
一生こんなへんな顔でへんな動きして、杖ついて車椅子なのか

とかぐるぐるしてしまいいやになり

ちょっと思考をずらして、死ぬまでに何をしたいか
と考えてみると

走る
踊る
仕事をもう少しなんとかする
もっと服を作る
気に入った環境で、気に入ったものに囲まれて暮らす

とかそんな感じで
うまいもん食べるとか
外国に行くとか
彼氏作るとか
やっぱりそんなんじゃないなあ と思い

なんだ、明日体調良かったらすぐ始められることばっかりじゃん
と思ったら、少し気が楽になった。

明日のからだのために、とりあえず今日は風呂入っておとなしく寝るかあ って。


あたしの望みなんて、そんなもんなんじゃん。
だから、毎日そうできてれば、悔いはないわけで。


たけしの本にも書いてあったけど
貧乏も金持ちも、バカも利口も、いま3歳でもいま90歳でも
誰にでも平等に、いつかその日はくる。
必ずひとは、生き物は死ぬ。

その日になって、着ぐるみとサヨナラする前に、何しておくか
ってことだと思う。

こういうことを考えておくのは、いいと思う。