現在、受注生産に切り替えております。最新情報はブログ、メルマガでお知らせしております。
メルマガ登録はこちら ブログはこちら

 

断薬日記201005

 

ひえとり開始後、はじめて靴下を脱ぐの巻

 
2010年05月03日 | 向精神薬の離脱症状
 
 
早朝、燃えるように暑くて暑くて


特に足の裏が暑くて、履いていた靴下14枚を全部「すぽん!」と脱いで
放り投げてしまいました。


そのあとしばらくボーゼンとし


時計をみたら、4時半。



足が冷えてきて、しばらくぶりの感覚がきもちよくて


ああ、これで私の冷えとりは終わりかもしれない。


と思いました。



つづく・・・。

かゆいいたいきもちわるーい


2010年05月04日 | 向精神薬の離脱症状
 
足がかゆい!


風呂に入ったとたん、両足の骨の上だけがかゆくて、ぼりぼり掻いてます。


首のアトピーどんどんひどくなってます。他の毒出しが楽かと言ったら、全く楽じゃないです。


でもまだまだ変化していて、

今日は、腹筋鍛えたわけでもないのに、小学生以来の「筋肉痛」
意外〜

下っ腹と、左の脇腹。えーと確か筋肉も肺だったような?まあいいや、どっかの毒が出てるのね。

今感じるめんげん達。

正座のあとのしびれ、感覚があるんだかないんだか…ちゃんと歩けないのがわかっているから歩きたくない。

ぶんちん入り内臓、特に食べたばかりだから、胃に大きい下敷き入れてるみたいに突っ張る。朝は五臓が全部火山の噴火。
陰部のしびれ、きもちわるくて半身浴のいすを何回も座り直す。

全身から泡が出て止まらない、寒い時期に鳥肌で泡が出るのはわかるけど、入ってもう一時間近く経ってて汗がどばどば出てるのに、まだ泡立つ体って何?

頭の細胞ぞうきん絞り、絞ったりゆるめたりを24時間永遠に続ける。これが一番やっかいで、まぶたまで来ると目玉がひっくり返ってる感覚なので、まるで何もできなくなる。さぞかしすごい人相になってるんだろうと思いきや、鏡で顔を見ると意外とフツー。


足だけ寒気、高熱の前からずっと続いている症状。風呂に入るとぞくぞくする。


ほかにも、小さいことを言い始めるとキリがないくらいたくさんあります。白髪が増えたりいぼがでかくなったり、食べるとおならが出たりひげが濃くなったり相変わらず生理こないとか。


風呂に入るまではなかなか踏ん切りがつかずグズグズしてしまうけど、いざ入るとこれでやっと今日が終わるという安堵感と、もう寝るだけだからどんどん毒出ししてちょうだい!という前向きな気分になり、精神が一番安定します。



そういえば今日は、朝一番でデパートに行きたくなったのでスッゴく久しぶりに朝ご飯を食べましたが、具合が悪くなることも食に狂うこともありませんでした。


その代わり、やたら喉が乾いて水分たくさんとったけど。


服を買ってその場で着替えて、腕を出していても暑い私の周りには、家族連れがみんな、長袖に素足にサンダルといういでたちで、不思議〜な感じがした初夏でした。

動けて疲れる幸せ


2010年05月05日 | 向精神薬の離脱症状
 
朝散歩に行ったり衣替えをしたり、料理を作ったり買い出ししたり。


日中は動けるめんげんになってきました。


ビルの中にいるのもそんなにいやじゃない。



夕方、夕飯の支度をしたあと猛烈に疲れて、たたみの上に大の字になって、開けっ放しの窓から吹き込む初夏の風が心地よく、耳と目と脳を絞り出すめんげんよりも、風の気持ちよさが勝っていることに気がつき、疲れるほど動けるということの有り難さをひしひし感じました。



これまで、いくらめんげんがひどくて何日もろくに眠れなかったりしても

逆に動けるときはバカみたいに動きまくり、でも、肉体的な疲れ
を全く感じることができなくて、めんげんでヘトヘトになった精神を休めるために寝ていたのが、
あー、疲れたから休もう
と普通に思って横になれるってこんな感覚だったのね〜と、再確認できました。


いきなりのこの暑さのせいなのか
ゴールデンウイークっていう世間一般的浮かれ気分なせいなのか


わからないけど、薬を飲まずに朝まで眠れて、薬を飲まなくてもあれをしようこれもしようと、「生活」ができて、食事が普通にできる。


明日はどうなるかどう思うかわからないけど、やっぱり薬をやめて良かった。

たくさん動いて体が疲れる

笑ってテレビを見れる

おいしく食事ができる

眠れる



当たり前のことを、すごく幸せに感じます。


この感覚を味あわせるために、こんなにひどいめんげんを私の体は課しているのか?
なんてすら思います。


私は過去、精神病院に4、5回入院しました。


夜は9時消灯、朝は6時に起こされます。

毎日寝て過ごして9時間も眠るほうがおかしいのに、そんなに眠れないと言うと、追加の睡眠薬を飲まされる。


泣くと、安定剤を渡される。


ケミカルで大量な食事を残すと、頑張ってもっと食べてねと言われる。



自然治癒力に勝る医学は今のところない。
ということを、もっとたくさんの人が知れば、もっといい世の中になるんじゃないかと思います。

汗吐下かんとげ


2010年05月06日 | 向精神薬の離脱症状
 
昨日のつかの間の幸せはまたたく間に去り、今日は1日布団の中。

頭部がひどくてまともに目が開けられなかったのです。とほほ〜(T_T)



最近また夜中の汗のかきかたが半端じゃなく、マットレスまでジメジメしてしまうくらいで、日中すごい量の水分をとります。

そのわりにトイレの回数が少なくて、行っても出てくれかなったりすることがしばしば。

絶えず体がいろんな箇所を勝手に手術してくれているので、尿意があっても出してくれないのは、今他んとこやってるから後にしてよ!
と、後回しにされその代わり、夜の大毒出し祭りの間と、風呂に浸かっている間に大量の汗で出してくれてるような気がします。


今日は、風呂に浸かって15分くらいでもう、滝。

せっかく頭が楽になってるのに、汗で目が開けられないし(笑)


わかりやすい毒出しは、汗吐下かんとげ といって、出しやすい表面の毒は汗で、中間の毒は吐いて、奥の毒は下して出す
という言葉が古くなら東洋医学の言葉であるそうです。



私は汗も下も毎日ですが、なかなか吐きません。
楽に吐くことが昔から出来ず、吐くときはものすごい苦痛を伴うのでホントにいやです。
だからお酒を飲まなくなったといっても過言じゃないです。



反対に、下すことには慣れているのでなんとも思いません。つらくもないし。

私と逆の人もいます。たぶんもともともって生まれた体質的毒の多い場所が、肺大腸なんでしょうね。

お疲れさんジュース


2010年05月09日 | 向精神薬の離脱症状
 
最近の風呂上がりのご褒美飲料は



りんごジュース+みかんジュース+醤油たらり




夕飯が流動食になってたときに、りんごジュースだけはものすごくおいしく感じて涙ながらに毎晩飲んでいます と鈴木さんに言ったら

果物には醤油を一滴ね!
と言われやってみたところ



ウマーーー





で、毎晩たらふく飲んでます。


すいかに塩がおいしいような感覚です。お試しあれ♪

目が開かない


2010年05月12日 | 向精神薬の離脱症状
 
しっかり夜眠ったのに、午前中、午後、夕方に一時間ずつくらい仮眠。


薬を飲んでいたころは、どんなに眠くても眠れず、昼寝なんかもってのほかだったのに。


今も目を開けていられず、風呂ですがやっとこさで携帯いじってます。



眠れない辛さを思い返せば、こんなに眠いのはうれしい!


もちろん普通が一番だけど、贅沢言ってられません。



おやすみなさい…(-_-)zzz

前衛リズムなライフスタイル


2010年05月13日 | 向精神薬の離脱症状
 
午前中はまた、異常な睡魔とだるさで何も出来ず。
あくびもだるさも肝臓。たぶんまだ私は、薬の毒出しが終わっていないんだろうなあと、無理やり帳尻合わせをしてみる。
筋肉痛も肝臓でした。肝臓は血を作る場所だから、これだけ靴下を履いてもこれだけ湯たんぽを入れて寝ても、二時間風呂に入っても私の血はサラサラしていないのだ。


いやもしかしたら、流れが良すぎて血液がお祭り騒ぎだから、あっちもこっちも落ち着きなく細胞が活動してるの??


そういえば、小学生の通信簿に必ず、



もう少し落ち着いて行動できるようになりましょう



って書いてあったなあ〜…


なんて、意味もなく我が人生を振り返ってみたり。




めんげんに振り回されてあれこれ考えるのが嫌になるので、力を振り絞って机に向かい、ヘトヘトになったら布団へゴー。


もたなくなったら、風呂へ駆け込み1日を終える。そんな、バランスという言葉とはまるでかけ離れたリズムが存在します。

私の生活、パンクです。

そういえば、アカザでニットパンツを買ってくださった方がもと歯科衛生士さんで、なすの黒焼きの記事を読んでくださって、歯磨き粉は、スッキリ感を演出するためだけにあるから、ブラッシングだけで十分ですよと教えてくださり、

風呂に歯ブラシを持ち込んで、杉っこ入りの湯にくぐらして歯を磨く
というやり方で歯磨きしてますが、これがいい!

歯磨き粉を使って磨いていたころよりも、きちんと磨けて歯がツルツルです♪

コンクリート頭


2010年05月15日 | 向精神薬の離脱症状

座談会を断念。


頭にコンクリートがいっぱいに詰まっていて、まぶたと耳にまでいっぱいになっていて、目を開けることが難しく、波のように襲ってくるひどい頭痛と耳鳴り。



めんげんに慣れてきたつもりですが、メニューが変わるとびっくりしてついてけません。。

頼みの綱は、自分


2010年05月15日 | 向精神薬の離脱症状

コンクリ頭で目が開かず、布団でジタバタしていましたが、少しずつ目が開けられるようになってきたので、風呂です。


記事を書く気にはなれず、ぼんやりとこのブログの過去記事を読んでいました。




布団の中でもがいている間、
話を誰かに聞いてほしい、あの人に連絡しようかな とか
父に早く帰ってきてと言おうか
なんて考えていましたが、先日亡くなられた乳ガンの方は、頼る人は誰もいなかったんだよなあ

誰に話を聞いてもらっても、父がそばにいてくれても、めんげんが抜けるわけじゃなくて、迷惑かけるだけなんだよな…



毎回毎回、めげそうになるたびに同じことを考え、同じ結論に達します。
だったら最初から結論にまっすぐ行けっちゅうの(笑)



自分にだったら、いくら聞いても何をしても、迷惑じゃない!

で、私は、過去の自分はどうやって切り抜けてきたのかを確認するんです。


書いている私自身が一番、このブログに勇気づけられています。


だから私は書きます。

冷やしたくなるのも、冷えとり


2010年05月16日 | 向精神薬の離脱症状

さからわない。


ことが一番なんだろうなあ と、頭ではわかっていても、ホントにいいの?と自信が持てず、さらに冷えていましたが


みれいさんのブログ、ありがたーい(T_T)



なんでも、必要だから起こっているわけで
本当は私たちは、何も心配することはないかもしれません
なんて、…


すごーいこの方!!!



私のこのからだも、気持ちも、仕事も、何から何まで
なるべくしてなっているわけで…。、

実は私今朝、危機を感じまして、
はてどうしたものかとキャンディの長澤さんとアカザの鈴木さんに伺ったことがあり、鈴木さんの口から、カワムラタマミさんのお話があり

彼女を追ううちにみれいさんのブログにたどり着き、


必要があって、なんでも起きている

ということを、再確認するために危機があったのかな とか思います。
たぶん、それだけではなく、これから起こるいろんなことに、シンクロしていくんだろうなあって。


それは、私の寿命なんてはるかに通り越した、大自然規模のことで、

そのなかの私ひとりはとてもちっぽけな存在だけど、たくさんのちっぽけがあって、大きいものが成り立っているんですよね。



こうやって、ハッキリした意識で風呂で冷えとりしてると冷静にどーんと構えていられます。


バレーの高橋選手は、
起こってから対策を考えたらいい。心配はもったいない。
とおっしゃっていた記憶がありますが、少しニュアンスは違っても、結局は同じことかなと思います。


今日も、自分に言い聞かせる系になりました(笑)

明日はアカザです。

あたまがあつい


2010年05月18日 | 向精神薬の離脱症状

こんにちは〜


昨夜はいつにも増しての毒出し祭り。

眠った感じがまったく無く、熱もないのに体中から汗汗汗。


夜中に目をこすりつつ、ガンガンいろんなところに体をぶつけつつ、二回着替えました。


私の寝間着は、上半身はシルクキャミいっちょという裸同然状態でしかも
あたまが燃えるように熱いので、枕の上に冷却ジェルシートを敷き、それに毒出し帯を巻いて寝ていて、超頭寒足熱なのですが

冷却シートがすぐにほかほかになってしまう〜(ちなみに去年、ヨーカ堂の通販で買いました)

なので、今日から枕を草系に変えて、アイスノンに毒出し帯を巻いて寝ます。


後頭部がいちばん熱いので、髪の毛剃っちゃおうかと思うくらい!



この汗だくは今に始まったことではないのですが、あたまの異常な暑さは最近で
去年ジェルシートを使っていたときはあたまが冷えすぎて、冴えてしまって眠れないほどだったのに。



うーん、出てますね〜


そういえば、キャンディの座談会を断念した日だったか、首のアトピーが突然なくなっていて、
いつも首の後ろをさわるのがクセになっていたのでいつも通りさわったら、あれ?ない?

つるつるになってました。


吸いたいときはタバコも吸うし、食べたいときはなんでも食べてます。

毎日、肝臓の時間と肺の時間にやっぱり目覚めます。


ただ、早朝が一時期よりも怖くなくなりました。



からだは、勝手によくしてくれてます。




首の後ろから毒が出やすいというのを確認できた感じです。

昨日よしこさんも、最近首がかゆいと言ってましたが、アトピーの方だけじゃなくみなさん、首の後ろをこするのオススメです。

首がかゆかゆだったときに、シルクのストールの必要性を感じて、長谷川商店さん(シルクの糸屋さん)にサンプル作成を依頼しましたので

出来てきたら、またここで発表します!

とりあえず、やる


2010年05月19日 | 向精神薬の離脱症状

今日は、青山でcuraのミーティングがあり、出かけてました。


すごい風&雨。梅雨のような気候に
久しぶりの都会とサラリーマンたち。
すれ違って、あれ?どこかで?と思ったら、昔の取引先の方だったり。


なんか、きてるなー


と思いました。




今やるべきは、夜の毒出し準備!(笑)


ランチは、表参道のクレヨンハウスでバイキング食べました。


他人が炊いた玄米っておいしいです♪

変化は、進歩


2010年05月21日 | 向精神薬の離脱症状

また熱が出て、昨日は1日ダウン。


体温計で熱を計って微熱を確認して、どうせ頭から汗が大量に出るだろうと風呂に入らず布団にはいったら、出ない!

出ないと猛烈に苦しい。毎晩のあまりの暑さに、背中にも冷却シートを敷いていたら、肩甲骨の間くらいから、気を吸い取られるみたいにじゅわーっと熱気をシートが吸ってくれるのがわかった。で、頭が苦しくて眠れないのでたまらず起き上がって、久しぶりの夜中風呂。

布団にはいって2時くらい。目を覚ましたのはいつもの五時前。遅く寝たからといってゆっくり寝かしてくれないのが冷えとり。内臓時計の通りに、オートマチックに働く内臓。脳みそで考える予定とか欲とか、まるっきり無視(笑)
6時には大腸の大掃除をいつものように済ませる。
初めての血便。

内痔核は何度かやっていて、便と鮮血が出たことはあったけど、赤い便は初めて。
見て、なんとなくホッとした。


気分的にはいくらかまともな朝を迎えたのもつかの間。

家事を少しずつやるにつれて、目を開けるのが困難に、
歩く速度もどんどん遅くなっていくので仕方なく横になり、一息ついたらまた起きて
の繰り返しな最近。

長時間の外出が少し怖くなってきました。



怖がる必要なんて何もない、何があってもなるようにしかならないし、不安というフィルムをわざと好んで、選んで見ているのも自分自身なんだと
言い聞かせてみるけど、なかなか切り替われない。

無理やりはよくないから、その感情に浸る。

そのうち薄れて、小さなきっかけでどこかへ飛んでいく。


で、また、性懲りもなくマイナス思考材料を見つけてきては、同じことの繰り返し。



たぶん、こんな感じでいいんだと思う。急には変わらないし、無理に変えてもよくないから。



我孫子は行かせてください、カラダさん。

3つの、あ


2010年05月24日 | 向精神薬の離脱症状

カワムラタマミさんの、「からだはみんな知っている」より抜粋。


あきらめない

あせらない

あてにしない!



この言葉のために、この本を買ったようなものだといっても過言ではありません。



あきらめない とだぶるかもしれないけど


あわてない

さわがない


っていうのもいい言葉だと思います。



こういう格言があると、すごーく落ち着きます。


私がすごいなーと思ったのは、最後の、「あてにしない」


これは、期待しないってことですよね。

人に対しても、冷えとりそのものに対しても、あてにせずなんとかなら〜的に思っていると、気持がラクです。


ああしてくれない、こうなってくれない って思うと、私の腹膜のエイリアンはぞろぞろ移動します。

あーもういいやっ!こういうのを手放そうって思った瞬間、エイリアンが引っ込んだりします。

プチ絶食


2010年05月24日 | 向精神薬の離脱症状

風呂です。


今日は何も食べていません。食べる作業をしたくなくて食べ物を見ても食べたいと思わなくて
匂いをかいでもなんとも思わないので、食べたくなるまで食べなくていっか
と思って、とりあえず風呂入りました。


そしたら、食べてないのにまた腹膜がポコッと出て、エイリアンがゆらゆらしてます。

湯船に入って五分も経たないうちに、あたまから滝の汗!


あー今日は毒出ししやすい体になってるんだなあ〜


なんであんまり食べないほうがいいかと言うと、幸恵さんいわく、
消化器が食べ物を消化するのに使うエネルギーって相当なもので、
24時間絶えず活動している内臓たちは、毒出しに力を注ぎたいのに、食べると消化するために兵隊さんを持っていかれちゃうから

毒出ししたいときはなるべく食べないほうがよいそうです。



これまで、いくら腹膜がおかしくて腹がパンパンに膨れていても、
いくら三半規管がおかしくてグラグラだろうが、食欲に勝てず泣きながら食べていたなんてこともありましたが

そういう我慢の仕方は百害あって一理なし!

食べるんなら、おいしく楽しみながら食べたほうがいいです。


で、今日の私みたくなんだか食べる気しないな〜
なときは、勝手にやってきますから!食べなきゃいいんです。


現に私は、この時間まで水分しか採っていないのは生まれて初めてです。



今朝、とっても不思議なことがありました。


目覚めた少しあとで、起きているのと寝ているのの境界線で


私の両手を、子犬か子猫か、動物の赤ちゃんが噛むのですが
甘噛みなのでじゃれているような感じがちょっとうれしくて
噛んだあと、ふわふわの産毛を私の手に触らせてくれるのですが

これが、この世のものとは思えないくらいに気持ちよくて、なんだか極楽浄土にいるような気分になって

恍惚とした、至福のひとときでした。


とっても不思議な感覚でした。


その後起きようと思っても目が開かずに、布団にくるまっていましたが、
いつものように、はー、今日も厳しいなあ〜といういやな気分には全くならず

さあ今日もゆるゆる毒を出すか〜


とりあえずだるいから寝てよ

くらいのフットワークならぬマインドワークの軽さでいれたのです。


そしたら食べるのもなんだかどーでも良くなり、風呂入ってるという感じです。



やっぱり昨日の我孫子が何かを変えたのかなあ
なんて思ったりしますが、そんなのもすでにどーでもいいといった感じです。

悪霊退散


2010年05月25日 | 向精神薬の離脱症状

アカザでした。


着いたら、ショコラさん、へいちゃん&ママ、そして予期せずひとみさんにお会いすることができました!


私はといえば、昨日の朝の不思議体験以来少しからだも心も変わってきて
今朝も目があかないけど、たまに開けばいっかーくらいの軽い気持ちで出かけることができました。


目を開けていられないのでメイクが出来ず
ほぼスッピン状態でしたが、まあいっかー


車にひかれたら、とか、線路に落ちそうとか、不安材料はたくさんあっても


ひかれたらそれも毒出し!



みたいな軽さでふわふわ進みました。(相変わらず足の裏の感覚がないので歩いている実感がない)



したくして、家を出て、バスに乗って電車に乗って、
降りて、歩いて、到着。

みなさんとお話して、お弁当をいただいて、時間が経って帰る。



アカザの帰り道で、最近いつも思うのですが

この一連の行動が夢で、家にいて自分のからだや心と真っ向から向き合わざる得ない状態が、現実
みたいな。



今日、鈴木さんのお話で

昔進藤先生の講演会のときに、悪霊にとりつかれていると言われた人がいて、とにかく冷えをとれと、
風呂にいれば温まるから、悪霊が逃げる


悪霊は寒いところが大好きで、あたたかくなると居心地が悪くなって勝手に消える


もし見えたら、睨んで勝てと




私は最近、夜中に悪霊がくるらしく、理由もないのに怖さで飛び起きることが毎日のようにあって、それが原因で1日凹むことも多かったのですが、風呂に入ると

さっきまでの人は誰?ってくらい、でーんと肝がすわって、何があっても動じない!つよーい人に変身するんです。



いかに、からだをあたためることが大事か納得です。


それを本能的にわかってか、昨日のような夏みたいな夜に、湯たんぽを4つ布団に入れて、父にびっくりされるわけです。

それでもまだ、飛び起きますが(笑)



風呂にいるときの自分の考え方や思考回路が一番好きだし、冷静なので
風呂の中でブログを書いて、コメントしたいようです。



コメントくださいましてありがとうございます!

ゆっくりお返事します。

からだの都合は時知らず


2010年05月26日 | 向精神薬の離脱症状

ずっと目が開かないので、日中はひたすら布団で目をつぶるけど眠れない。

少し記憶がなくなって、もう二時間くらいたったかなあと思って目を開け時計を見たら、十分もたっていなくて、

うんざりするほど1日が長い。


出かけているときはあっという間なのに、
家でじっとしているときの、時の経つのが遅いことといったら、。


だからといって、何かに集中するのが無理なので、ああやっぱりこれしかないんだよねと思いつつ、トボトボ風呂に入ります。


昨日みたいな雨あがりのすがすがしすぎる日も
今日みたいな、どよどよしてみたり笑ってみたり、よくわかんない空の日も

とにかく最近、昼間が長い。

さらに眠れないと、夜も死ぬほど長い。



テレビを見なくなって、ニュースを知らなくて、薬を飲むのをやめて、食事をとったりとらなかったりしていると
時間の感覚がなくなります。


時間がわかるのは、早朝の怖い時間と

大腸の掃除をする5時6時だけ。



おぎゃーと産まれたときからずっとだと思うけど、
朝起きたら顔を洗ってごはんを食べて
歯を磨いてゴミを出して、学校や会社に行く。

時間割とか、
お昼の時間とか
休憩の時間なんかがあって

帰る時間も決まっていて、

映画が始まる時間
終わる時間
ごはんを食べて、終電の時間に間に合うように走るとか

家に帰ってお酒を飲む時間

彼氏に電話する時間

寝る時間


目覚ましで飛び起きて、また時計とにらめっこしながらの生活。


少し前まで私は、こういう、多分ふつうの生活をしていました。



冷えとりする前、働いていない何年かも、
薬を飲むために規則正しくごはんを食べて、眠るために薬を飲んで、そのおかげでなんとなくでも、生活のリズムはありました。



今は、ない。

リズムがない。

1日をどう使うのか.枠がまったくない。


今私は、これに慣れるのに手こずってます。

完璧に慣れることは、ないんじゃないでしょうか?
だって今って文明社会で、ここは日本で、さらに都会。


無人島にでも行けば、話は違ってくるかも?それこそ自然のリズムに合わせる時間割 が、おのずとできてくるのかも。



しかしこのからだは甘くない。
無期限の大集中工事には、朝も昼も夜もない。

朝だから目が覚めるなんて誰が決めた?

夜は眠るって誰が決めた?

食事の時間は誰が決めた?

そもそも食べなきゃいけないって誰が決めた?


勝手に脳みそが刷り込んだことでしょ。



そんなことすら言わず、何も言わずただせっせと私のからだは働く。
ひたすら、ずーっと働く。

たまに穴を掘る音が大きすぎたり、ネジを探す作業に手こずっているようで
おなかがどこどこ暴れたり、頭をギイィーっと痛くしたり、電気の点検みたいに、耳を聞こえなくしたりする。



これぞ自然。


こんなからだを私は、ワガママなんだよーって笑い話にするけど
ワガママなのは、勝手に刷り込まれていった私の脳みそなのであって、
からだはただひたすら、我の仕事をずっとしているだけのことなのです。


からだは借り物、レンタル品。
脳みそは魂。
借りてる間にきれいにしたら、ちっとは脳みそもからだを見習って、前の世よりかはましな魂になるだろう

っていうのが、冷えとりの目的のようです。

変わり続けるからだ


2010年05月27日 | 向精神薬の離脱症状

かおり先生から、置き鍼が届きました。

夕方届いて、写真のように手足の先に貼ってます。


じんじんします。


昨日眠れず、長風呂したあとから、だるくて眠くて動いてません。


風呂だけは入ります

キーワードは、許す


2010年05月29日 | 向精神薬の離脱症状

我孫子に行って、不思議体験をしたあとくらいから、体調が少しずつ軽くなって行き始めて(まだまだすごいけど)

そのぶん精神的にきているような感じで


なんか、理由もなくこわい。




一昨年だったか、北里の漢方外来にかかったときのお医者さんが

貴子さんのエネルギーは、怒りからきているみたいだね


とポツリと言ってくれたのを思い出し



実は昨晩、どうしようもなくなって、感情の行き場がなくなって、風呂に入る前にぶちぎれてしまい、


一時間くらい父と話をして、風呂に入ったあとくらいから、
なんだか空っぽになり、無気力状態。



悲しいとか不安とかとはちょっと違う感じで、こわい。
おびえるような感じ。


身ぐるみはがされたような、大失恋したみたいな、宝物を海に落としたような、迷子になったような、そんな感じ。



たぶん、私のエネルギー源だった、怒 が抜けたせいかな。



とにかくこういうときは冷えとり と思って、湯船に浸かってすぐに浮かんだ言葉が、許す



ゆるすゆるすと何回かとなえたら、全身から滝の汗。



フライパンを熱したところに、分厚い氷を乗せたら、表面はすぐに溶けるけど、芯はまだまだ凍ってるでしょ


って、鈴木さん言ってたなあ。




昔なじみのお荷物を、薄皮はがすようにひっぺがしていくんだから、気分悪いししんどいし、見たくないしでそりゃあ大変な作業ですよ



とも言ってたなあ。

久々7時間風呂


2010年05月30日 | 向精神薬の離脱症状

でした。


風呂の中で、みれいさんブログを最初から読んでいたら夢中になり
携帯の電池が切れちゃったので、記事の投稿もコメントの返事もできませんでした。


コメントありがとうございます!

ホントにうれしくて、励まされてます。


昨日の夜中に飛び起きて、いざとなったら救急車自分で呼ぼ!

って思ったら少し安心しました。そんな感じでやってます。



コメントのお返事はゆっくり追っかけ書きます。
ひとみさん、あんなに吐くのキライ苦手って言ってたのにすごい体験しましたね!ごくろうさまです!

bbさん、私は1ヶ月生理が垂れ流しでした。1月以降まだ来ません。なにも心配いりません。



明日は我孫子で鍼治療です。
レンタカー借りて、父の運転で遠足です。



からだが変わり、一時期全く精油を受け付けなくなったものの

時間帯と種類によってはリラックスできることがわかり
今、ヒノキを焚いています。気分がいいです。